本文へスキップ

TEL. 03-4405-7518

東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第一ビル6階

サイバー法人台帳ROBINSの経営労務診断サービスでホワイト企業をアピール、優秀な人材確保に活かす

サイバー法人台帳 ROBINS(ロビンズ)とは

  • 「サイバー法人台帳 ROBINS」は、サイバー空間上の企業情報データバンクです。
    ROBINSの運営団体は、プライバシーマークやISMS認証の付与機関でもある、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)です。
    サイバー空間上の企業情報には、最新の公式情報以外にもさまざまな情報が氾濫し、公式情報であっても、企業が一方的に発信しているものである限り、情報の信頼性・鮮度が公に保証されているわけではありません。
     
  • ROBINSでは、企業情報を第三者が確認することで、企業情報に信頼性と鮮度を持たせることができます。
    情報の確認を行う第三者は、確認者として登録を受けている社会保険労務士等です。
  • 全ての法人は、すでに企業情報(法人番号、法人名、住所)がROBINSに掲載されています。企業検索はこちら
    第三者の確認によって、この情報に加えて、ロゴマーク等のさまざまな情報を加えることができます(JIPDEC様の例
     
  • 就職を検討している人や取引を検討している企業がインターネットで企業情報を収集することは日常のことです。
    信頼できる企業情報は、就職希望者や取引見込み企業にとって重要な情報源です。
    ROBINSは、信頼性の高い企業情報を「誰でも」「いつでも」「どこでも」「簡単に」見ることができます
    ROBINSで信頼される企業情報を発信し、御社のビジネスを広げましょう。
     

情報の確認とROBINSへの登録

  • 企業に関する基本的な情報として、次の情報を「信頼できる情報」として登載できます。
     名称、英字名称、現住所、URL、メールドメイン、各種コード、画像等

    各種コードには、会社法人番号、新証券コード(ISINコード)、株式銘柄コード、EDINETコード、TDB企業コード、ISO等審査登録証番号、プライバシーマーク付与事業者情報、許認可番号等を登録することができます。
     
  • 基本的な企業情報のほか、次の「経営労務診断」の情報を登載することができます。
     1.経営労務管理に関する基本規定
     2.経営労務管理に関する基本的数値情報
     
  • 自社のWebサイトにROBINSシール(オプション)を貼ることにより、サイトの信頼を高めます。特に、同名の法人がネット上に複数ある場合、自社が運営するWebサイトであることを明確化できます。
     Point1 企業の基本情報がワンクリックでわかります。
     Point2 企業の情報が、第三者が確認した信頼できる情報として表示されます。

    ROBINS掲載事業者 ←ROBINSシール
    たとえば、当サイトの運営者が社会保険労務士法人ミライエであることを上のROBINSシールをクリックすることで確認できます。
    仮に公式以外のサイトにこのシールを貼った場合、クリックするとエラー表示がされます。→エラー表示の画面例はこちら

    自社が運営するWebサイトの「商品注文フォーム」や「お問い合わせフォーム」のページに表示して、公式サイト上のフォームであることを明確化し、情報入力者に対して偽サイトへの情報提供ではないことを表明するツールとして活用できます。
     
  • ROBINSの確認・登録・更新にあたり、ミライエの確認者が現地調査を行います。
    既に全ての法人は、ROBINSに事業者名称・登記上の所在地・法人番号(マイナンバー)が登載されています。したがって、第三者の確認および経営労務診断(労働法令関係の整備状況チェック等)を追記することで信頼度のアップが図れます。
     

ROBINSの経営労務診断サービスで優秀な人材を確保

  • 就職希望者・求職者は、志望する就職先がいわゆるブラック企業でないかどうかをインターネット等で調べることがあります。
    ROBINSの経営労務診断情報を登載することにより、人事労務管理の健全性、ホワイト企業であること等、労働CSR等に関する企業アピール信頼できるサイト上で行うことができます。
     
  • 経営労務診断では、次の項目の確認・診断(手順書に基づいた労働CSRに関する簡易チェック)を行います。
    1.経営労務管理に関する基本規定
    (1)法定帳簿(労働者名簿・賃金台帳)
    (2)人事労務関連規程(就業規則、育児・介護休業関連の規程等)
    (3)人事労務管理データ(労働時間管理、健康診断記録、ハラスメント相談・対応記録)
    (4)社会保険・労働保険(加入の有無)
    (5)組織関連規程(職務(業務)分掌規程、職務(業務)権限規程)
    2.経営労務管理に関わる基本的数値情報
    (1)従業員情報(男女別従業員数、正規雇用者数等)
    (2)就業情報(正規従業員の平均勤続年数)
    (3)労務管理情報
     
  • 社労士による確認・診断の結果、法令にかかる部分(必須項目)を全てクリアした場合、診断結果および企業のアピール情報をROBINSサイトに登載します。
    つまり、経営労務診断情報がROBINSサイトに掲載された企業は、基本規定コンプライアンスをクリアした企業ということです。
    診断が登載された企業は、「ヒトを大切にする企業」として、全国社会保険労務士会連合会より「経営労務診断適合企業」のシールが付与されます。このシールは、自社サイトや名刺等に表示してアピールすることができます。IRや採用ページからROBINSサイトにリンクするとより効果的です。
     
  • 就職希望者は、信頼できる企業情報に加え、第三者が確認をした経営労務に関する情報をROBINSで確認することによって、安心して働ける会社であることを認識できます。
    さらに、単なる規程の有無や数値情報にとどまらず、社会保険労務士のコメントを情報に加えることができます。たとえば、法令を上回る労働条件などの情報を掲載し自社の強みをアピールできます。
     

ROBINSに経営労務診断情報を登載しましょう

  • ROBINSの経営労務診断は、ROBINS確認者として登録された社会保険労務士のみが行えます
  • 全国社会保険労務士会連合会は、経営労務診断を詳しく紹介するサイト「経営労務診断のひろば」を開設しています。企業の健全性を発信するツールとしてのメリット、ヒトを大切にする企業シール、確認者に関する情報等を紹介しています。
    経営労務診断のひろばの「活用事例」のページでは、ミライエのが実際に行った経営労務診断についての事例が掲載されています。
     
  • 社会保険労務士法人ミライエの代表社員(社会保険労務士)は、ROBINSの確認者です。
    ROBINS確認者
    確認者は、専門性及び中立性を有し、JIPDECが定めた
    情報ポリシーガイドラインに則った確認を実施します。

    ROBINSの確認・登録・更新および経営労務診断は社会保険労務士法人ミライエにご依頼ください。
     
  • ROBINS登録および経営労務診断サービスのお問い合わせは、社会保険労務士法人ミライエへ。
    03-4405-7518(平日10:00〜17:00)
    メールフォーム(24時間受付)

スマートフォン版